ビューティ

美容ジャーナリスト齋藤薫の ビューティ業界へのオピニオン “スキンケアで笑顔に見える肌”?いよいよスキンケアが人の人生に関わり始めた!

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」には美容ジャーナリストの齋藤薫さんによる連載「ビューティ業界へオピニオン」がある。長年ビューティ業界に携わり化粧品メーカーからも絶大な信頼を得る美容ジャーナリストの齋藤さんがビューティ業界をさらに盛り立てるべく、さまざまな視点からの思いや提案が込められた内容は必見だ。(この記事はWWDジャパン2021年9月27日号からの抜粋です)

 笑顔に見える肌作り……スキンケアのテーマである。スキンケアでなぜ笑顔?そういう違和感さえもが、何だか新鮮に思え、ワクワクさせられる。いうまでもなく、スキンケアは終始脇目もふらずに若く美しい肌を追い求め、年齢と戦うことだけを考えてきた。それ以外の軸は全く持たなかったのだ。「笑顔に見える」など予想もつかなかったベクトル。でも確かに「どう見えるか?」という視覚的スキンケアが、これまで全く研究されてこなかったのは正直もどかしかった。肌の美醜をただ近視眼的に見るだけでなく、もっと客観的に大局的に「その肌がその人をどんな印象に見せているのか?」そういう視点を持つべきではないかと。雑誌レベルでは、幸せそうな肌、愛される肌が追求されてきたけれど、肝心の化粧品メーカーにそういう視点はあまりなかった気がする。

 もちろん、どんな印象を作るにしても、肌は美しいことが大前提。ただ本来、肌ってもっと饒舌なものだと思うのだ。みんな第一印象で相手の肌を見て、人となりや暮らしぶりを瞬時に占っている。無意識のうちに肌を読んでいるのだ。とすれば、笑顔に見える肌は、まさに幸せそうな愛される肌、最も良い人生を送れる肌と言える。スキンケアもそこまでの広い視野で人をより良き方向に導いて、それこそ人生に関わるような大きなスケールを持つべきではないのか。

この続きを読むには…
残り690⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら