ビューティ

美容ジャーナリスト齋藤薫の ビューティ業界へのオピニオン “スキンケアで笑顔に見える肌”?いよいよスキンケアが人の人生に関わり始めた!

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」には美容ジャーナリストの齋藤薫さんによる連載「ビューティ業界へオピニオン」がある。長年ビューティ業界に携わり化粧品メーカーからも絶大な信頼を得る美容ジャーナリストの齋藤さんがビューティ業界をさらに盛り立てるべく、さまざまな視点からの思いや提案が込められた内容は必見だ。(この記事はWWDジャパン2021年9月27日号からの抜粋です)

 笑顔に見える肌作り……スキンケアのテーマである。スキンケアでなぜ笑顔?そういう違和感さえもが、何だか新鮮に思え、ワクワクさせられる。いうまでもなく、スキンケアは終始脇目もふらずに若く美しい肌を追い求め、年齢と戦うことだけを考えてきた。それ以外の軸は全く持たなかったのだ。「笑顔に見える」など予想もつかなかったベクトル。でも確かに「どう見えるか?」という視覚的スキンケアが、これまで全く研究されてこなかったのは正直もどかしかった。肌の美醜をただ近視眼的に見るだけでなく、もっと客観的に大局的に「その肌がその人をどんな印象に見せているのか?」そういう視点を持つべきではないかと。雑誌レベルでは、幸せそうな肌、愛される肌が追求されてきたけれど、肝心の化粧品メーカーにそういう視点はあまりなかった気がする。

 もちろん、どんな印象を作るにしても、肌は美しいことが大前提。ただ本来、肌ってもっと饒舌なものだと思うのだ。みんな第一印象で相手の肌を見て、人となりや暮らしぶりを瞬時に占っている。無意識のうちに肌を読んでいるのだ。とすれば、笑顔に見える肌は、まさに幸せそうな愛される肌、最も良い人生を送れる肌と言える。スキンケアもそこまでの広い視野で人をより良き方向に導いて、それこそ人生に関わるような大きなスケールを持つべきではないのか。

この続きを読むには…
残り690⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら