ファッション

アパレルのサステナブル・シフトVol.3 抜群の話題性をフックに伝えた国内生産の現場 カール・フォン・リンネ

有料会員限定記事

 サステナビリティなモノづくりとビジネスへシフトしたい、でも何から始めてよいかわからない。本連載はそんな迷えるアパレルの指針となるべく、サステナビリティ・シフトを進める先行企業の実践例や、最近シフトを始めて試行錯誤する企業の声や課題を集めた。これを読めば“できることから”の答は、今までやってきたことの中にあることがわかるだろう。第3回は話題の「カール・フォン・リンネ (CARL VON LINNE)」だ。

 WWDJAPAN.COMが9月に公開した記事、「オリラジ中田敦彦に聞く 原価率65%のサステナブル・アパレルブランド『カール・フォン・リンネ』の本気度」は多くのアクセスを集めた。同ブランドは、タレントの中田敦彦がアパレルの廃棄問題や低賃金問題の課題解決をひとつの目的に立ち上げたブランドで、「中田敦彦のYouTube大学」で発表すると5型が即日完売するなど話題を呼んだ。ここではデザインを担当した村松啓市の視点で同ブランドのサステナブルをひもとく。

 村松が中田から「アパレルブランドを作りたい」と依頼を受けたのは今年4月。その一か月後に村松はサステナブルをコアコンセプトに掲げる提案を中田にした。「自分のブランドでサステナブルな活動を続けてきたが、すでにサステナブルにアンテナが立っている人にしか受け止めてもらえず、長い闘いになると思っていた。だから今回思い切って中田さんにプレゼンをしたら共感してもらえた。結果的に業界内外からの好意的な反響が大きくて驚いている」。

この続きを読むには…
残り799⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら