ファッション

アイリスオーヤマが衣料品に本格参入 ヒーターなど家電を応用

 アイリスオーヤマは、家電製品の技術を応用したアパレル事業を本格化させる。オリジナルブランド「ファンクト(FNCT)」で夏に発売したファン付きアウターに続き、秋冬物としてヒーター付きのアウターを販売した。体感できる機能性をつけた服によって、アウトドアスポーツやキャンプなどの市場を開拓する。

 9月24日に発売した新商品21アイテムは、ヒーターを搭載しながら薄さと軽さを両立した“ファンクトヒートシリーズ”と、ユニセックスで日常のファッションになじみやすい“ファンクトシリーズ”で構成する。グループのホームセンターであるユニディやダイシンの店舗のほか、ネット通販で販売する。ヒーター搭載のウエアは炭素原子の繊維“カーボンナノチューブ”を採用することで、ヒーターの電源稼動後に短時間で均一に温まる。温度も4段階で調整できる。衣類部分は給電コードも含めて水洗いできる。

 ヒーター搭載の代表的なアイテムの税込価格は、撥水リバーシブルヒートブルゾン8900円、マウンテンヒートパーカ8500円、インナーヒートベストセット9900円。ヒーターが付かないタイプでは、あったか裏アルミボアパーカ4900円など。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら