ファッション

ナイキが「機動戦士ガンダムUC」とのコラボスニーカー パイロットスーツ姿の堀米雄斗がビジュアルに

 ナイキのスケートボードライン「ナイキ SB」は、人気アニメ「機動戦士ガンダムUC」とのコラボスニーカー“ユニコーンガンダム ダンク ハイ”(税込1万3200円)と“バンシィ ダンク ハイ”(同1万3200円)を9月24日に一部の「ナイキ SB」取り扱いショップで発売した。スニーカー専用EC「スニーカーズ(SNKRS)」では、“ユニコーンガンダム ダンク ハイ”のみ27日から販売する。

 コラボスニーカーは、既存モデルにはないパネルとレイヤーを追加して、“ユニコーンガンダム”と“ユニコーンガンダム2号機 バンシィ”の特徴を立体的に表現した。自由にカスタマイズできるスウッシュのデカールが付属するほか、ヒールにはアニメ内で登場する財団法人“ビスト財団”のロゴをあしらった。カラーは、ユニコーンガンダムの戦闘形態である“デストロイモード”中の“ユニコーンガンダム”のホワイト×アマリロと、“2号機 バンシィ”のサンダーブルー×メタリックゴールドを採用した。

 コラボ限定ビジュアルには、パイロットスーツを身にまとったプロスケーターの堀米雄斗選手と、ポール・ロドリゲス(Paul Rodriguez)選手のイラストを描いた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら