ファッション

ナイキ「ジョーダン ブランド」がビリー・アイリッシュとコラボ サステナブルなスニーカー2型を発売

 ナイキ(NIKE)の「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」は、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)とコラボレーションしたスニーカーを2モデル発売する。

 “AJKO 1”はビリーのシグネチャーカラーであるライムグリーン、“エア ジョーダン 15(AIR JORDAN 15)”は同じくベージュのワントーン。いずれもビリーのオフィシャルロゴである「ブローシュ」があしらわれている。両モデルともアッパーに100%ビーガンレザーを使用しているほか、重量の20%以上をリサイクル素材で製作した。価格は“AJKO 1”が税込1万9250円、“エア ジョーダン 15”は同2万5300円。9月27日にビリーの公式オンラインストアで先行発売し、9月30日からはナイキのスニーカー専用EC「SNKRS」でも販売する。

 ビリーは自身の公式インスタグラムに、「私が手掛けた“エア ジョーダン”2モデルをようやく公開できて、とてもうれしい。サステナブルな形でこれらを作ることができたなんて、本当に素晴らしくて非現実的な体験だった」というコメントと共に、両モデルを履いた画像を投稿している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら