ビューティ

DHCが韓国から撤退 不買運動が影響か

 DHCは9月1日、韓国事業から撤退すると韓国法人DHCコリアの公式サイトを通じて発表した。同オンラインストアは9月15日14時に閉鎖するという。現在アクセスが集中しており、繋がりにくい状態が続いている(2日22時時点)。

 DHCコリアの公式サイトでは「良い製品とサービスでお客さまに満足していただくように努力したが、残念ながら国内営業終了を決定しました」と表明。撤退の理由に関しては明記していないが、20年12月、創業者の吉田嘉明会長が自社サイトで公開した文章が在日韓国・朝鮮人に対して差別的なのではないかと問題視され、韓国では不買運動が拡大していた。

 DHCは1972年に委託翻訳業務を中心に創業。DHCは「大学翻訳センター」のローマ字表記の頭文字を取って名付けた。化粧品や健康食品のほか、アパレル、リゾート、出版事業など多岐に渡り展開。海外事業においては、1995年にアメリカと台湾、2002年に韓国、03年に中国、06年にイギリスに進出している。

 なお、20年度の売上高はWWD推定で前期比25.2%減の約356億4000万円(約3億3390万ドル)。海外におけるJビューティの需要の高まりを受け、アメリカとイギリスでは2ケタ台の成長を遂げた。一方で日本では、202の直営店と7万2000店以上の量販店で販売しているが、売り上げは前年割れとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。