ファッション

BiSHのアユニDやリンリン、ASPのモグ・ライアンも登場 有名バンドのMVから着想した「ネグレクト アダルト ペイシェンツ」

 BiSやBiSHのアイドルプロデューサーの渡辺淳之介が手掛ける「ネグレクト アダルト ペイシェンツ(NEGLECT ADULT PATiENTS以下、ネグレクト)」は、東京・渋谷ヒカリエで2022年春夏のファッションショーを行った。ステージ中央には、天井に向けて照らされたグリーンのスポットライトに、巨大スピーカーの数々が積み上げられていた。今季も「ネグレクト」らしいエンターテインメント性の強い演出を予感させた。

音楽界の巨匠たちをKISS風にアレンジ

 ファーストルックは、渡辺デザイナー率いるWACK所属グループのASPから、モグ・ライアンがジョーカー風メイクで登場。ブランドロゴ付きのパーカとボーダーのハイソックスというカジュアルなスタイルだ。ほかにもBiSHのアユニ・Dとリンリンもモデルとして登場した。渡辺デザイナーは、「今シーズンは“ベーシック コレクション(BASiC COLLECTiON)”をテーマに、“自分が本来作りたかったであろう洋服を作りたかった”」と話す。その言葉通り、自身のルーツである音楽の要素をコレクションにたっぷり盛り込んだ。ブリティッシュパンク風のチェックのアイテムや、グランジ風のラフなスタイルなどが連続する中、特に目を引いたのが音楽家のバッハやモーツァルト、ショパンらをKISS風にアレンジしたグラフィックで、思わず笑みがこぼれた。「自分の中のルーツであるクラシック音楽に影響を受けて、音楽家のバンドTがあればという発想から製作に至った」。それぞれの名を“バッ葉(バッハ)”“猛津 アルト(モーツァルト)”“初版(ショパン)”と漢字で表現して、「ネグレクト」流に巨匠たちにオマージュを捧げた。

ナイン・インチ・ネイルズのMVから着想

 ブランドロゴを配したアイテムの数々も際立った。ロックバンドのナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)のロゴ風に仕上げた“NAP”の文字がまばらに付いたスエットやTシャツをはじめ、定番のトラックスーツはレッドとネイビーの新色で登場。「時代的にロゴが入っていた方が売れるじゃないですか?(笑)。何を着ているのかが誰でもわかるように意識してロゴは付けた」。

 「ネグレクト」はクリエイションだけでなく、エンタメ性の強い演出も特徴だ。「演出を考える際、ロックバンドのナイン・インチ・ネイルズのMVが頭の中でずっと流れていた。当初は本物の牢獄や檻を作ることも考えたけど、グリーンのスポットライトを檻に見立てて表現しようと決めた。本当は檻の中でモデルを歩かせたかったが、演出家から『さすがに服が見えなくなってしまう』ということもあり断念した」。またブランドおなじみの“麺食い“は、今回もBiSHのアユニ・Dがカップ焼きそばを食べる演出だった。「原点回帰でカップ焼きそばにした」という。

 「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」でリアルのショーにこだわった理由については、「音楽のライブ配信や無観客ショーを行う中で、やっぱりリアルには勝てないという思いが強かった。とにかくお客さんを入れて見てもらいたかった」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら