ファッション

中国の高級婦人服「アイシクル」日本上陸 ワールドが支援

 ワールドは、中国の高級ファッションブランド「アイシクル(ICICLE)」の日本上陸をサポートする。同社がブランド運営で培ったノウハウを他社に提供するプラットフォーム事業の一環で、日本進出にあたってのコンサルティング、販売業務委託、システム導入、バックオフィス業務支援などの分野を担う。「アイシクル」は1日、阪急うめだ本店に日本1号店を開いた。

 「アイシクル」は中国のICCFグループ(当時アイシクルファッショングループ)が1997年に上海で設立。上海とパリのデザインセンターから生み出される高感度な服や雑貨が人気を集め、中国国内で276店舗を運営するほか、19年にはパリにも旗艦店を出店している。また18年には仏ブランド「カルヴェン」を買収したことでも話題になった。

 「アイシクル」はシンプルなデザインながらもカシミヤやウール、シルクなど上質な天然素材を使ったコレクションで知られ、日本での価格帯はコート16万〜64万円、ジャケット10万〜18万円、スカート6万〜16万円、ニット3万〜14万円。地球環境に配慮したモノ作りを推進している。

 日本進出にあたってICCFジャパンを設立し、オフィスをワールド北青山ビル内に構えた。だが、ワールドは日本法人に出資したり、代理店業務契約を結んだりするわけではなく、あくまで業務サポートの立場をとる。1号店は阪急うめだ本店6階のプレミアム婦人服ゾーンで売り場面積は15坪。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら