ビジネス

池袋東武に家電の「ノジマ」 イエナカ需要に応える

 東武百貨店は、池袋本店に家電専門店「ノジマ」を8月26日にオープンする。4階の婦人服フロアの一画で売り場面積は約2000平方メートル。冷蔵庫、洗濯機、テレビ、調理家電、美容家電、パソコンなど総合的にそろえるとともに、通常店舗よりも一格上の家電も取り扱う。専門知識を持ったノジマの自社スタッフが、メーカーの垣根を越えてコンサルティング販売する。

 ノジマが出店するのは、4階婦人服フロアでファッションビルのルミネとも直結するエリア。もともと婦人服のブランドを集めたエリアだったが、昨年春からはその半分が催事場になっていた。家電専門店の激戦区の池袋にあって、駅直結の利便性や独自の品ぞろえで差別化する。

 東武百貨店池袋本店は、百貨店として関東最大の売り場面積8万3000平方メートルを誇る巨大店舗。近年は大型専門店の導入に積極的で、2011年に「ユニクロ」を2フロア3300平方メートルに増床したのを手始めに、17年に「ニトリ」(3800平方メートル)、今月22日には「匠大塚」(1200平方メートル)を開店させた。集客力のあるカテゴリーキラーの導入によって新規客を呼び込み、買い回りを促す。

 都心の百貨店では、三越日本橋本店も20年から「ビックカメラ」(2000平方メートル)を入れている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら