ビューティ

米国で増える、ムダ毛を処理する男たち 新潮流“マンスケーピング”とは

有料会員限定記事

 ワクチン接種が進むアメリカでは、すでにコロナ前の生活に戻りつつある。長く続いたステイホーム生活が明ける中で、理容室に久しぶりに通ったり、放置していたヒゲを剃ったり、パンデミック中に身につけたセルフケアを続けたりするなど、男性の美容習慣も変化している。そんな中で注目を集めるのが、“Manscaping(マンスケーピング)”だ。“Landscaping(庭や土地を整えること)”と“Man(男性)”を掛け合わせた造語で、(ややユーモラスに)雑草や伸びた芝生をムダ毛に例えている。芝刈り機で芝生を整えるように、ムダ毛を処理して体毛を整えることを指す。

 胸毛や顔の毛、デリケートゾーンヘアの処理自体は決して新しくはないが、これまで多くの男性にとって、体毛の処理について話すことは恥ずかしいとされてきた。しかし今、そんなタブーなムードが少しずつ薄まりつつある。コンサル企業のファースト・アンド・ファースト コンサルティング(FIRST AND FIRST CONSULTING、以下F&F)が行った調査によると、4人に1人がここ1年でマンスケーピングを始め、18〜24歳の男性の多くが「マンスケーピングすることが増えた」と回答したという。デリケートゾーンのムダ毛処理に関しては、51%がシェーバーを用い、42%がトリマーやハサミで整えると答え、さらにミレニアル世代は他の世代に比べ処理する率が64%も高いという。

「マンスケーピングは“ジェンダーニュートラル”な行為」

この続きを読むには…
残り1499⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら