ビューティ

CBDの次はキノコ? 米国で盛り上がるコロナ禍の最新ウエルネストレンド

有料会員限定記事

 国産ブランドも増え、日本でもようやくCBD(カンナビジオール)のトレンドが浸透した印象だが、アメリカではすでに次なるウエルネストレンドが話題を集めている。昨今ウエルネス市場を盛り上げているキノコはCBDの次にはやるウエルネス原料とされており、キノコ配合製品が次々登場している。


 キノコは古来からアーユルヴェーダや漢方で用いられてきたアダプトゲンの一種。アダプトゲンとはハーブや植物、根などの天然の原料で、ホルモンバランスを整え、抵抗力や免疫力を向上するとされている。中でもビューティ・ウエルネス業界で注目されているのは、アシュワガンダや霊芝(レイシ)、ライオンズメイン(Lion's mane、ヤマブシタケ)、ターキーテール(Turkey tail、カワラタケ)、チャガなどだ。サプリメントや美容ドリンクに加え、スキンケアに配合されている。

 これらに注目が集まるのは、コロナ禍による健康意識やマインドフルネスへの関心の高まりが背景にある。グーグルの検索分析をするスペート(SPATE)によると、霊芝入りのサプリメントの検索数は昨年比55.5%増、ターキーテール入りのサプリも同53%増と消費者の関心が高まっているという。データ分析を行うトレンドアナリティクス(TRENDANALYTICS)のシーシー・リー・アーノルド(Cece Lee Arnold)最高経営責任者は、「消費者は今、メンタルヘルス(心の健康)とフィジカルヘルス(体の健康)が密接にリンクをしており、相互に影響することを理解するようになった。健康について、よりホリスティックなアプローチをとっている」と話す。

キノコ入りの製品が次々とヒット

この続きを読むには…
残り1412⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら