ビューティ

「ディオール」からアプリケーター付きの新アイセラム 広告には吉沢亮が登場

 「ディオール(DIOR)」は4月28日、スキンケアシリーズ「カプチュール トータル」から新たな目もと美容液“カプチュール トータル セル ENGY アイ セラム”(20mL、税込9900円)を発売する。ビジュアルには同ブランドのビューティー・アンバサダーを務める俳優の吉沢亮が登場。吉沢は「砂埃にまみれるような過酷なロケも多いのですが、カプチュール トータルのおかげで肌を褒められることが増えました。今回の新アイセラムも、ひんやりして気持ちいいので、肌身離さずって感じです」と新製品についてコメントを寄せている。

 「カプチュール トータル」は「ディオール」が約30年重ねてきた細胞研究や、20年にわたり積み重ねてきた幹細胞研究の知見を生かしたシリーズ。年齢とともに弾力性が低下しエイジングサインが出やすくする目もとの肌に合わせ、肌にハリを与えるライムギエキス、ブランド独自のバイオ セルラー テクノロジーを配合した。

 また、パッケージにはマッサージの動作からインスピレーションを得た独自のアプリケーターを採用。ひんやりとしたヘッドによる7つの波形が、目元をすっきりした印象へ導き肌の引き締めをサポートする。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら