ビューティ

「エスティ ローダー」がKokiを日本人初のグローバルスポークスモデルに起用

 「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」は新しいグローバルスポークスモデルにKokiを起用した。1946年の創業以来、日本人モデルを起用するのは初めて。

 今後Kokiはデジタルや店頭のキャンペーンビジュアルに登場する。まずは3月にアジアでメイクアップとスキンケアのビジュアルに登場し、今秋からはグローバルのデジタルキャンペーンの顔にもなる。ステファン・ドゥ・ラ・ファヴリエ(Stephan de la Faverie)=エスティ ロ ーダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)グループ プレジデント兼「エスティ ローダー」「エアリン」グローバル ブランド プレジデ ントは「『エスティ ローダー』は、全てのバックグラウンド、年齢、 民族の女性たちを祝福するブランドのレガシーを受け継ぐにあたり、Kokiは世界中の次世代の消費者と私たちを結びつける助けになると確信している。彼女を『エスティ ローダー』ファミリーに迎えることを楽しみにしています」とコメント。また小幡元ELCジャパンエスティ ローダー事業部ブランド ジェネラル マネージャーは「彼女はファッション界と美容界で大きな注目を集める、まさに『エスティ ローダー』のグローバル スポークスモデルに相応しい人物。われわれが新しい方法でミレニアル・ジェネレーションZ世代の日本の消費者にアプローチすることを、可能にしてくれるでしょう」と期待を寄せる。

 東京で生まれ育ったKokiは、インターナショナルスクールに在学中の2018年にモデルとしてのキャリアをスタート。以来香港版「ハーパーズ バザー(HARPER'S BAZAAR)」「エル・ジャポン(ELLE JAPON)」、「マリ・クレール スタイル(MARIE CLAIRE STYLE)」など日本およびアジアで数々のファッション誌の表紙を飾ってきた。その後19年に「シャネル(CHANEL)」のクルーズコレクションでランウエイデビューを果たし、「フィラ(FILA)」や「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」のショーにも出演。現在「ブルガリ (BVLGARI)」「コーチ(COACH)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「フィラ」「メンソレータム(MENTHOLATUM)」のアンバサダーを務めている。以前、「シャネル」のビューティアンバサダーにも抜擢された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら