ファッション

「パブリックスクール」2016年春夏ニューヨーク・メンズ・コレクション

REPORT

NYらしいノームコア。ベーシックを一捻りのイマドキクリエイション

「DKNY」のデザイナーを任されたデュオによる「パブリック スクール」は、リアルクローズの街ニューヨークらしい、ノームコアでユニフォーム性の高いアイテムを、卓越のスタイリングテクニックでちょっとだけスペシャル見せた。

プレゼンテーションは、ブラック、ネイビー、ホワイト、シャンブレー、それにウィンドー・ペンという5種類のキー・ファブリックごとに5人のモデルを用意。各素材から5つのレイヤードスタイルを生み出した。どの素材でも共通のアイテムは、ベースボールブルゾン。はやりのショート&コンパクトなフォルムだが、前身頃のファスナー周りだけ生地をバイアスに切り替えることで、微妙な視覚効果を与えている。合わせるのは、バンドカラーのプルオーバーシャツなど。いずれもインナーはアウターよりも少し長く、裾がチラリと見える。

ベーシックなアイテムは、どれも絶妙なディテールと、スタイリングテクニックで凡庸からの脱却を図っている。たとえば、コットンピケのチェスターは、ちょっぴり強いショルダーライン。別のチェスターは首を詰めたナローなピークドラペルで、その上にナイロンブルゾンを羽織った。

イマドキのアイテムとスタイルからは安心感が漂う。アメリカやヨーロッパでは、一定の支持を得るだろう。しかし、セレクトショップのオリジナルが一歩も二歩も進んでいる日本では、今シーズンのアイテムは、それほどスペシャルに見えない。「パブリック スクール」でなければならない「何か」が欲しいところだ。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら