ファッション

「パブリック スクール」2016年春夏ニューヨーク・コレクション

REPORT

大人のアレンジを加えたストリートスタイル

ダオ=イー・チャオとマックスウェル・オスボーンの男性デュオによる「パブリック スクール(PUBLIC SCHOOL)」は、今シーズン最も注目を集めるブランドの一つだ。「DKNY」のクリエイティブ・ディレクターに抜擢され、初のショーを16日に控えているからだ。

ストリートやミュージックをリミックスした、スポーツウエアが彼らの得意とするところ。とくに、ロング丈のスポーティーなブルゾンや、歩くとひらひら揺れるヒダ状のパネル使いなど、モデルが歩くたびにさっそうと風になびくシルエットが彼らの真骨頂。ロングシルエットのアウターにワイドシルエットのパンツやパネル・スカートを合わせ、ボリュームのあるレイヤードスタイルを作り上げていく。スタジアムジャンパーの裾にさらに、シースルーの生地をつなげてロング丈にするアレンジも。

シルエットはこれまでと大きくは変わらないものの、前シーズンと比べるとシルクやナイロン、コットンなど、軽く着心地の良さそうな素材になったことだ。同時に胸元が透けて見えるシースルーのジャンパーや、光沢のあるエレガントなワンピースドレスも加わり、ストリートだけではない艶やかな大人っぽさも感じられる。カラーに関してもブラックが好きな彼らだが、ホワイトやネイビーをプラスすることで、より一層上品なカラーパレットで構成している。クリエイションの幅を広げた彼らが、「DKNY」でどう手腕を発揮するのか楽しみだ。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら