ファッション

「リック・オウエンス」 × 「ドクターマーチン」第1弾は幾何学的シューレースの“1460”

 「リック・オウエンス(RICK OWENS)」は、シューズブランド「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」とのコラボレーション第1弾として、プラットフォームブーツ“1460 BEX DS RO”(4万6000円)を3月20日に発売する。「リック・オウエンス」直営店や一部のセレクトショップ、「ドクターマーチン」公式オンラインストアで扱う。第2弾は今年5月に発売を予定している。

 コラボブーツは、チャンキーソール“BEX”を用いた人気モデル“1460”をベースに、「リック・オウエンス」を代表するタープカラーのシューレースを六芒星のような幾何学的パターンで組み合わせた。また“1460”は8ホールを特徴とするブーツだが、コラボモデルではホールをシルバーのメタルに変更して不規則に配置。ヒールループとダブルのウェルトステッチ部分にもタープカラーを使用したほか、両ブランドのロゴを配したインソールやブラックカラーのシューレースが付属する。従来の型にとらわれない「リック・オウエンス」らしい一足に仕上げた。

 リック・オウエンスは、「私が10代のころ、『ドクターマーチン』は、シンプルかつ控えめなデザインに、男性らしさを兼ね備えたブランドだと感じていた。コラボモデルのデザインは、われわれが永遠に合理的な秩序を求める象徴や希望の印、さらには若さゆえの永遠の無謀さへの愛情に満ちた祝福という願いを込めている」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら