ビューティ

資生堂の「グレイシィ」新ミューズに菅野美穂 大人女性の“簡単&上質メイク”を提供

 資生堂はメイクアップブランド「グレイシィ(GRACY)」の新ミューズに女優の菅野美穂を起用する。3月21日に発売する「プレミアムBBクリーム」(1200円)の新広告動画を18日から公式サイトで公開し、21日からTV放映。忙しい毎日を送る40代以上の女性をターゲットに、低価格メイクアップ市場で愛用者を拡大していく。

 2007年に誕生した「グレイシィ」は、大人女性に“上質できれい”を訴求するブランドとしてドラッグストアとGMSを中心に1万8000店舗で展開。今春から「わたしは3分、ハッピーのコツ」を新タグラインに設定し、ブランド価値を刷新する。岡田依子・資生堂ジャパンメイクアップマーケティング部 ヴァイスプレジデントは、「ブランドのターゲットである40代以上のメイク市場は、より低価格化が進んでいる。充実しつつも忙しい毎日を送り、メイクアイテムにあまりお金をかけられないのが現状だ。いま“簡単&上質”の価値が求められている中、『グレイシィ』は大人女性の上質をかなえるアイテムに生まれ変わる。そして今回、短時間で“上質なきれい”が手に入り、自然に笑顔がこぼれる“ハッピー&スマイル”を体現するミューズとして菅野さんを起用した」とコメントした。

 第1弾商品として、保湿クリームや化粧下地、コンシーラー、ファンデーションなど1品7役、わずか3分でメイクが完了するBBクリーム「プレミアムBBクリーム」を3月21日に発売。同商品の発売に合わせ、菅野が登場する広告動画「プレミアムBBクリーム」編を公式サイトで公開するほか、「プレミアムパクト」編、「わたしは3分、ハッピーのコツ」編も順次公開する予定。

 ミューズに起用された菅野は、「女性はとにかく忙しいので、わずか3分で自分の気持ちを切り替えられる“明るさ重視メイク”はとても大事。『グレイシィ』でハッピー&スマイルな毎日を楽しんでほしい」とアピールした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら