ファッション

サステナブルな体験型カフェ「インパーフェクト表参道」とアパレルブランドがコラボ

 サステナブルな食のあり方を提案するカフェ「インパーフェクト(IMPERFECT)表参道」はこのほど、三菱商事ファッションの完全受注型アパレルブランド「ザ ミ―(THE ME)」とコラボした。

 3月4日までの期間中、「インパーフェクト表参道」の店内の一部で「ザ ミ―」のブランド紹介および2021年春夏の新作を展示するほか、「ザ ミ―」店舗では先着100人にコラボデザインのタンブラーをプレゼントする。また期間中の「ザ ミ―」の売り上げの2%を、「インパーフェクト表参道」が実施する世界の食と農に関する社会課題の解決を目的としたプロジェクトに寄付する。今回のコラボは在庫廃棄をせずに持続可能な方法を追求する「ザ ミ―」が、「インパーフェクト表参道」のコンセプトに共感して実現。萩原修平三菱商事ファッションデジタル事業推進本部新規事業部「ザ ミ―」PR担当は「不完全な状態でも社会・世代へより良いことをしていくという両ブランドの取り組みを多くの人に知ってもらい、より多く利用してもらえることを期待している」とコメントした。

 「インパーフェクト表参道」は“Do well by doing good.(いいことをして、世界と社会をよくしていこう)”をコンセプトに、2019年7月に表参道ヒルズの同潤館1階にオープンした。提供するオリジナルスイーツやドリンクは、環境および社会面に配慮しながら生産された原料を使用している。店内には、来店者に社会課題を自分ごと化してもらう仕掛けとして、“環境”“教育”“平等”をテーマにした3つのプロジェクトを掲示。来店者が応援したいプロジェクトに投票し、最も多く票を集めたものを現地で実行する仕組みだ。投票期間は1年で、19年度は「2万本の苗で森と生き物の命を守ろう」プロジェクトが最も多い9675票を集めた。同プロジェクトではカカオの原産国の一つであるコートジボワールで農地開拓による森林破壊が進行していることから、2万本の苗木を提供しカカオの生育環境を整え、農家の収入向上にもつなげる取り組みを行う。

 佐伯美紗子インパーフェクトマーケティング部長は「社会的にサステナビリティに対する意識が向上している今、生活に密着しているアパレル分野と連携することに意義を感じた。顧客層は20〜40代の情報感度の高い女性がメインだが最近では学生からSNSを通して連絡をもらい、学校で当社の取り組みを授業形式で紹介することもある。今後は雑貨などの商品ラインアップを拡充し、サステナブルなライフスタイル全般を提案していきたい」と話した。

■「インパーフェクト表参道」×「ザ ミ―」
日程:2月19日~3月4日
場所:インパーフェクト表参道
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら