ビジネス

三菱商事ファッションが始めたC2M型アパレルブランドとは?初の小売事業に挑戦

 三菱商事グループのファブレス(自社工場を持たない)メーカー、三菱商事ファッションは、短納期無在庫販売型のC2M(カスタマー・トゥ・マニュファクチャー)アパレルブランド「ザ ミ―(THE ME)」を立ち上げ、東京・原宿にオープンした店舗兼ショールームで販売を本格化した。

 従来のOEM(相手先ブランドの生産)事業の精度を高める一環として、約2年前からプロジェクトを進めてきた。“量産を前提とした作り方はしない。一人一人に合わせる”をコンセプトとしてカスタムオーダーを進化させた新しい業態で、同社が手掛ける初の小売事業だ。

 客はまず「ザ ミ―」のホームページで予約して店を訪れ、“ナビゲーター”と呼ぶ店頭スタッフから最長90分のパーソナル接客を受ける。商品はビジネスシーンを想定したベーシックなデザインが中心で、メンズとウィメンズを合わせて約80品番。その中から好みのアイテムを選び、3Dボディースキャナーで採寸し、そのデータに基づいたサイズサンプルを試着した後、“チューニング”と呼ぶ体形に合わせた補正を行う。その場では決済せず、選んだ洋服の情報をウエブサイト上のマイページで確認して気に入れば注文し、約2週間後に指定の場所に商品を送付するという仕組みだ。価格は、メンズのスーツ8万円、ウィメンズのセットアップ6万5000円、ワンピース3万円、Tシャツ1万円などで、全アイテムで同様のサービスを受けられる。

 「ザ ミ―」の責任者である前田真太郎・三菱商事ファッション デジタル事業推進本部新規事業部長兼LAB室長は「お客さまの声を工場に直接伝えるのがC2Mだ。1着ずつ生産していただける工場の確保が大変だったが、新しいファッションシステムの挑戦に共鳴いただいた10以上の工場と取り組んでいる。サプライチェーンの必要な工程は省かず最適化し、無駄なものを作らない仕組み作りはサステナビリティにもつながる。サプライヤーがパラダイムシフトするときだ。今ファッション業界が抱える課題の解決に貢献しつつ、お客さまには新しい消費の選択肢の一つとして、自分だけの服選び、服作りを楽しんでほしい」と話した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら