ファッション

着物の古布を活用した新プロジェクト 「ヨウヘイ オオノ」が表参道スパイラルでポップアップ

 大野陽平が手掛けるウィメンズブランド「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」は2月28日まで、着物の古布を活用した新プロジェクト「3711プロジェクト(3711 Project)」のポップアップストアを東京・表参道のスパイラル1階にオープンしている。“3711”とは反物の幅37cm、長さ11mの規格に由来する。大野デザイナーが収集してきたデッドストックの着物の反物を使って、1点モノの新たな服に仕立てるプロジェクトだ。

 第1弾の今回は、シルクやウールの絣(かすり)柄の生地を中心に、ブランド定番の3型のドレスに仕立てた。1着1着、色柄や風合いが異なる1点モノで、25点限定の販売となる。価格は6万〜10万円。大野デザイナーも店頭に立ち、自ら接客を行う。

 「ヨウヘイ オオノ」の大野陽平は愛知県小牧市出身。文化服装学院を経て、文化ファッション大学院大学、英ノッティンガム芸術大学でファッションを学ぶ。帰国後の14年12月にブランドをスタート。16年には「東京ファッションアワード」を受賞し、17-18年秋冬に東京ファッション・ウイークでコレクションを発表。18年に伊「ヴォーグ(VOGUE)」主催の若手発掘プロジェクト「ヴォーグ タレント 2018」や、若手デザイナーの登竜門「インターナショナル・ウールマークプライズ」の2018/19年度のウイメンズ部門のファイナリストに選出された。古今東西のアート、建築、彫刻やプロダクトから着想を得て、自由な素材使いやフォルムアプローチを通じてモダンな女性像を探求している。

■3711 Project  POP UP STORE EVENT in Spiral
日程:2月22〜28日
時間:11:00-19:00
住所:東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1階
場所:ショーケース

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら