ビューティ

「シセイドウ メン」がリニューアル ブランド初のメイクアップアイテムも登場

 資生堂が展開するグローバルブランド「シセイドウ(SHISEIDO)」のメンズシリーズ「シセイドウ メン(SHISEIDO MEN)」は3月21日、ブランドをリニューアルする。全国の百貨店や、ブランド公式オンラインサイト、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」で発売する。

 「シセイドウ メン」は男性の肌のバリア機能に着目したスキンケアラインとして、2003年にイタリア、ドイツで、04年に日本で販売を開始。刷新後は、 “次の一歩に、たしかな自信を” をコンセプトに、過剰な皮脂や乾燥、肌荒れなど男性の肌悩みを引き起こす原因を研究し、肌を健やかに保ちしなやかな肌をかなえる高品質・高機能なスキンケア・メイクアップシリーズとして生まれ変わる。

 新たに、「シセイドウ」を代表するベストセラー美容液“アルティミューン パワライジング コンセントレートN”の男性向け製品“シセイドウ メン アルティミューン パワライジング コンセントレート”(30mL、7000円)や、洗顔料、保湿液、日焼け止め、トライアルキットなどをそろえる。またブランド初のメイクアップアイテムとしてBBクリーム“シセイドウ メン ヴァイブラント BBモイスチャライザー” (SPF 30・PA+++、40g、4000円)やリップクリーム、アイブロウ、コンシーラーも扱う。

 また、スペインの名門サッカークラブのFCバルセロナとパートナーシップ契約を締結し、チームキャプテンの1人であるセルジ・ロベルト(Sergi Roberto)を「シセイドウ メン」のアンバサダーに起用した。セルジ・ロベルトが登場するスペシャルムービーや、FCバルセロナのメンバーの生活に焦点をあてたコンテンツなどを制作、公開予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら