コレクション

「カラー 」2016年春夏パリ・メンズ・コレクション

REPORT

しなやかな強さを秘めたソフト・ミリタリー

ファーストルックは、ぼんやりとにじんだようなカモフラージュ柄のトレンチコートにビッグポケット付きの同柄シャツ、膝上で折り返したチノ風のショーツ。今シーズンは、「カラー」のフィルターを通したミリタリーで溢れたコレクションとなった。この場合のフィルターとは、どこかアブストラクト(抽象的)でピュアなイメージ。ミリタリーのエッセンスは男性らしさを誇張せず、しなやかな強さを見せる役割を果たしている。

毎シーズン特定のテーマを設けることはないものの、今季はミリタリー由来のディテールが満載だ。M-65やボンバージャケットなどの定番シリーズは、紙のように軽い素材と柔らかなフォームで描く。シャリ感のある極薄のコットンやナイロンが、秋冬のように暗いダルカラーのコーディネートに軽さを生み出した。シンプルなアイテムにプラスしたユーティリティー・ポケットが印象的だが、アクセントは最小限度。控えめなレイヤードからも、阿部潤一デザイナーによる引き算のアプローチがうかがえる。シーズンレスでエイジレス、そしてエフォートレスで気負わない現代のミリタリーを完成させた。

LOOK