ビジネス

ファミマ新社長に「レスポートサック」立役者の細見氏 伊藤忠・繊維出身

 ファミリーマートは3月1日付で、新社長に伊藤忠商事の細見研介・執行役員第8カンパニープレジデントが就任すると発表した。現職の澤田貴司社長は代表取締役副会長に就任する。細見氏は伊藤忠・繊維カンパニー出身で、ブランドマーケティング畑が長く、2006 年に全世界の商標権と販売権を取得した「レスポートサック」躍進の立役者の一人。2017年からは繊維カンパニーから出て食品流通部門長に転じ、19年7月からは部門横断型を掲げた新部門の第8カンパニーのプレジデントに就任していた。20年11月に完全子会社化したファミリーマートの舵取りを担うことになる。第8カンパニープレジデントの後任には、情報・金融カンパニーのエグゼクティブ バイス プレジデント兼金融・保険部門長の加藤修一執行役員が就任する。

 細見研介(ほそみ・けんすけ):1962年12月31日生まれ、58歳。神戸大学経営学部を卒業後、1986年4月に伊藤忠入社。ハンティングワールド、ブランドマーケティング第三部長、ブランドマーケティング第二部門長を経て、17年4月に執行役員食品流通部門長、19年7月に執行役員第8カンパニープレジデントに就任。3月1日付でファミリーマート社長に就任予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら