ビジネス

三陽商会が再就職支援を発表 40代以上の社員の退職金に上乗せ

 三陽商会は21日、人員適正化を念頭に置いた「セカンドキャリア支援制度」の実施を発表した。募集期間は21日から2021年1月29日まで。期間中に退職を決めた販売職以外の40代以上の社員を対象に、通常の退職金に加え、再就職支援金を支給する。募集人員は定めていない。退職日は21年2月28日となる。

 業績低下時に労働基準監督署への申告のもと、早期退職者を優遇する「希望退職者募集」とは異なり、社内制度の一環として募集する。同社は制度実施の理由について、「40代以上の社員が6割強を占める組織の高齢化が課題。人員の活性化を進めるため」(広報担当者)としている。

 今回発生する支援金及び再就職支援に伴う費用は、21年2月期連結決算において特別損失として計上する。同支援制度はこれまでも不定期に実施しており、直近の20年上期(3〜8月)の募集では同じ条件で10人弱の応募があったという。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら