ファッション

ファッション業界特化の求人サービス「レディ トゥ ファッション」が新卒求人の掲載を無料に

 ファッション業界に特化した求人サービス「レディ トゥ ファッション(READY TO FASHION)」は2021年1月4日~3月31日の期間、21年4月入社対象の新卒向け求人の掲載を無償提供する。コロナ禍の厳しい就職環境を受け、ファッション業界の未来を担う学生の受け皿を維持したい考え。

 「レディ トゥ ファッション」では、新型コロナウイルスがファッション業界の新卒採用に与える影響を把握するため、4月にアンケートを実施した。その時点では、3割の企業が「採用数を減少する」と回答していたが、その後、コロナの影響が長期化したことで、その数はさらに増加していると予想する。専門学校の就職課からは「学生がファッション・アパレルにかかわる仕事に就けない状況で、他業界への就職を決めている。学んだことを生かせない結果になった」と悩みの声が上がっているという。

 「今後の業界を支えていくのは学生や若手であり、そういった人材の就職先を作り出していくことが業界への投資」と、無料キャンペーンの実施を決めた。同キャンペーンでは、ファッション・アパレル関連企業を対象に、21年卒向け求人の掲載、スカウト機能、リファラル機能、採用管理機能が無料で利用できる。申し込みはホームページから随時受け付け中だ。

 「レディ トゥ ファッション」は17年にスタート。累計で400社以上の企業が導入・活用し、これまでに約2000件の求人を掲載。3万件近くのマッチング実績を持つ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら