ファッション

スニーカーの取引所「ストックX」が280億円を調達 評価額は約3000億円に

 リセールスニーカーのオンライン取引所「ストックX(STOCK X)」はこのほど、シリーズEラウンドで2億7500万ドル(約286億円)を調達したと発表した。今回の資金調達で累計の調達額は4億9000万ドル(約509億円)、企業評価額は28億ドル(約2912億円)になる。

 スニーカーコレクターのジョシュ・ルーバー(Josh Luber)が創業した「ストックX」は、まるで株式市場のようにオンライン上でスニーカーを値付けし、取り引きするオンラインサイト。世界的なスニーカーブームを背景に、猛烈な勢いで利用者が増え続けており、今秋、累計取引総額が30億ドル(約3120億円)を突破し、損益分岐点を上回った。

 「ストックX」の売り先は200カ国・地域に達しており、米国以外の国・地域での取引額は前年比で2.6倍増に拡大。最近は「Xボックス」や「プレイステーション5」などのゲームや家電の扱いもスタートしており、そちらの取り引きも急増しているという。

 リードインベスターはタイガー・グローバル・マネジメント(TIGER GLOBAL MANAGEMENT)で、今回新たに名門ベンチャーキャピタルのアルティメーター・キャピタル・マネジメント(ALTIMETER CAPITAL MANAGEMENT)とサンズキャピタル(SANDS CAPITAL)、ホエール・ロック・キャピタル(WHALE ROCK CAPITAL)が加わった。タイガー・グローバル・マネジメントのグリフィン・シュローダー(Griffin Schroeder)パートナーは「オンラインマーケットプレイスは凄まじい勢いで成長している。『ストックX』はオンラインで売買するする人たちを中心に置いた新しい仕組みとして注目だ」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。