ビューティ

「シロ」の限定フレグランスシリーズから“さくら 219”が登場 毎年人気の春の香り

 「シロ(SHIRO)」は2021年1月7日に、限定フレグランスシリーズの“さくら 219”からオードパルファンとルームフレグランスを公式オンラインストアで発売する。なお、12月24日から予約を受け付ける。

 “さくら 219”は2012年に初めて登場し、新春の限定フレグランスとして毎年好評を得ている。フローラルを基調にした香りは、フレッシュで柔らかなフルーツが香るトップノートから、華やかなフローラル調のミドルノート、ラストノートはムスクの甘く印象的な残り香を調香した。完成までに219回もの試作を重ねたというこだわりの香りだ。製品は、華やかな香りが持続する“さくら219オードパルファン”(40mL、3800円)と“さくら219 ルームフレグランス”(200mL、4200円)をラインアップする。さらに同ブランドがサステナブルな取り組みのひとつとして実施しているパッケージレスにすることで製品通常価格から3%を割り引きするエシカル割も適応する。

 季節の香りを毎月発売する限定フレグランスシリーズは、“キンモクセイ”や“アールグレイ”などの香りがSNSなどで話題を集め、発売後すぐに完売するなど人気シリーズだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら