ビューティ

「WWDビューティ ベストコスメ2020」フレグランス・新製品部門

 「WWDビューティ ベストコスメ2020」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで今年もっとも売れた製品を発表。フレグランス・新製品は、百貨店・セミセルフ部門で花々の芳しい香りの魅力に改めて気付かされるラインアップ。その首位に輝いたのは「ディオール(DIOR)」の“ミス ディオール ローズ&ローズ”で、「SNS効果もあり購入につながった」という。次ぐ2位は「シャネル(CHANEL)」の“ココ マドモアゼル ロー プリヴェ 〈ヘア&ボディ ミスト〉”、3位に「ティファニー(TIFFANY & CO.)」の“ティファニー & ラブ フォーハー オードパルファム”がランクインした。バラエティー・ドラッグストア部門の1位は「フィアンセ(FIANCEE)」の“パルファンラスティングスティック ピュアシャンプー”。「周りを気にせずどこでも付けられるのも人気の要因」との声があった。2位は、デビュー間もない「サンロクロク(366)」の“バースデーフレグランス”と、「ベキュアハニー(VECUA HONEY)」“ワンダーハニー ファンファントワレ ピュアキンモクセイ〈オードトワレ〉”などが上がった。

百貨店・セミセルフ部門

1位 “ミス ディオール ローズ&ローズ”

「ディオール」

 1位の“ミス ディオール ローズ&ローズ”は、明るいピンクの色調を香りでクリエイトした新作。ローズを色彩豊かな表情を持たせた「ディオール」パフューマー クリエイターのフランソワ・ドゥマシー(Francois Demachy)は、好奇心に溢れた新しいエレガンスを表現。摘み取ったばかりの香り高いローズに、ベルガモットとマンダリンのフルーティーでみずみずしい香りが鮮やかに弾ける。繊細で大胆に描かれた、カラフルなスパークリング フローラルが華麗に心を彩る。(50mL、9000円)

PHOTO : ©CHANEL

2位 “ココ マドモアゼル ロー プリヴェ 〈ヘア&ボディ ミスト〉”

「シャネル」

 「シャネル」初のナイト フレグランス“ココ マドモアゼル ロー プリヴェ 〈ヘア&ボディ ミスト〉”が2位。4代目の専属調香師を務めるオリヴィエ・ポルジュ(Olivier Polge)が手掛けた、この上なく柔らかでセンシュアルなオリエンタルフレッシュフルーティーの香りが眠りに就く前の時間を変える。ジャスミンとローズの花びらが繊細に調和しながら際立たせるのは、軽やかでセンシュアルなホワイトムスク。“ココ マドモアゼル”を軽やかで繊細に描いた新作が、肌やシーツに柔らかなベールをかける。(50mL、9800円 100mL、1万4500円)

3位 “ティファニー & ラブ フォーハー オードパルファム”

「ティファニー」

 3位は、フィルメニッヒ(FIRMENICH)を支える著名なパフューマーであるホノリン・ブランク(Honorine Blanc)とマリ・サラマーニュ(Marie Salamagne)の協働で調香した、“ティファニー & ラブ フォーハー オードパルファム”。ボタニカルなブルー バジルにジューシーなグレープフルーツがリズミカルに入り混じるトップ。そこにネロリやブルーセコイヤが調和しながら、温かみを与えたエピローグでフェミニンな色を残す。爽快でありながら豊潤な香りを内包する、モダンなフローラルウッディー。(50mL、1万3200円 90mL、1万8000円)


バラエティー・ドラッグストア部門

1位 “パルファンラスティングスティック ピュアシャンプー”

「フィアンセ」

 1位は、“パルファンラスティングスティック ピュアシャンプー”。人気作の同パルファンドトワレがスティックタイプになって登場。ヒアルロン酸Naとホホバ種子油の保湿成分を配合し、エタノールフリーの処方をかなえた。携帯に便利なスティック型の容器は、蒸着設計を採用。グリーンアップルとレモンが爽快にほとばしるトップノート。華やかさを添えるジャスミンとミュゲを、ベースのムスクとウッディーが柔らかくて深い香りで包む。やさしく寄り添うように、さりげなく芳香する。(3.5g、1350円)※数量限定発売

2位 “バースデーフレグランス”

「サンロクロク」

 年に一度の、自分だけの特別な日である誕生日に着目した新ブランドの“バースデーフレグランス”が2位。12種類のオイルと31種類のフレグランスを掛け合わせてクリエイトした366種をラインアップする。香りそれぞれに添えられたメッセージは、開封することで見ることができる。「わたしからあなたへ。あなたから大切な人へ」という幸せの連鎖が続くことを願い作られたフレグランスは親しい人へのプレゼントとしても一興。(全366種 各10mL、各2000円)

2位 “ワンダーハニー ファンファントワレ ピュアキンモクセイ〈オードトワレ〉”

「ベキュアハニー」

 2位は、“ワンダーハニー ファンファントワレ ピュアキンモクセイ〈オードトワレ〉”。胸を揺さぶるように芳香しながら、秋の訪れを告ぐ金木犀。咲きはじめた頃のピュアキンモクセイにベルガモットの爽やかさを与え、切なくも甘い記憶を蘇らせる。木々の葉の色付きが日増しに赤く染まるように、時間の経過とともに変化する香りを楽しめる。同シリーズは、フレグランスのほかにハンドクリーム、オールインワン保湿ジェル、浴用化粧料の4アイテムで構成。(13mL、1400円)※数量限定発売

2位 “ファンタジア オーデトワレ”

「アナ スイ(ANNA SUI)」

2位 “フレグランスヘアミスト ピカケ アウリィ”

「オハナ・マハロ(OHANA MAHAALO)」

2位 “ボディスプレー ウェディングデイ”

「ボディファンタジー(BODY FANTASIES)」

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら