ビューティ

「エトヴォス」の2021年春夏コレクションは“サンライズ”に着目 ヒット製品“ミネラルアイバーム”の限定色も

 「エトヴォス(ETVOS)」は2021年1月6日、2021年春夏コレクションを発売する。“release yourself”をテーマに、1日の始まりであるサンライズの淡い色のグラデーションからインスパイアした。全7品をラインアップする。

 キーアイテムはアイカラーパレットの“ミネラルクラッシィシャドー”から登場する“サンライズデュー”(限定、4000円)。メインとなるライムイエローから、青みを含むペタルピンクまで4色をそろえる。

 スター製品の美容クリームがベースの単色アイシャドー“ミネラルアイバーム”からは、青みがかったシトラスカラー(限定、2500円)がお目見え。ペールホワイトをベースにグリーン、ブルー、レッドの繊細なパールを配合し、透明感のある目元を演出する。

 そのほか、目元、頬、唇とマルチに使える“ミネラルマルチパウダー”からはモーブカラー(限定、2300円)、“炭インク”処方でマットな質感のアイライナー“ミネラルスムースリキッドアイライナー”からは、グレージュブラウンとピンクグレージュ(限定、各2700円)、リップの“ミネラルルージュ”からは青みを含んだローズカラーのロージィミューズ(限定、3000円)と肌なじみがよい黄みを含んだ朱赤のアネモネレッド(3000円)が新たに仲間入りする。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら