ファッション

ジュン アシダからEC限定の新ブランド ニューノーマルに対応するラウンジウエア

 ジュン アシダは11月25日、ラウンジウエアの新ブランド「メゼール わたしの翼(MES AILES)」をスタートした。芦田多恵デザイナーがコロナ禍の需要に合わせて開発した新ブランドで、家で過ごす時間や散歩、ジョギングなどの運動など外でも着用できるユニセックスのラウンジウエアをそろえている。ジュン アジダの公式オンラインストア限定で販売を開始した。

 商品はコットンやテンセルとカシミヤのジャージーなどの柔らかく、光沢感のある素材を扱い、デザイン性と着心地の両方を重視している。価格帯はトップスが1万8000〜2万9000円、ボトムスが2万5000〜2万9000円。パーカが3万5000〜3万9000円、ワンピースが4万1000円。イメージビジュアルにはモデルの安藤ニコ(20)を起用し、これまでの「ジュン アシダ(JUN ASHIDA)」や「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」よりもターゲットを広げ、若年層の獲得を目指す。

 芦田デザイナーは「コロナ禍で多くの人のライフスタイルが変化する中で、一ファッション企業として私たちも世の中の変化に対応することが重要だと考えた。ECで気軽に洋服が購入できる時代に、日常で役立てるものを提供したいという思い、50年以上の歴史がある当社の新しい挑戦として、新規ブランドを計画した。ジュン アジダを知らない若い世代にも、受け入れてもらえるようなブランドにしていきたい」と話す。同社では近日、今回発表した「メゼール わたしの翼」に加えて、ニューノーマルに対応する新ブランドを発表していく計画だという。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら