ビューティ

メンズスキンケア「バルクオム」が「ナチュラルローソン」20店舗で販売 ドラッグに続きコンビニへも拡大

 メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」は、コンビニエンスストア「ナチュラルローソン」都内20店舗で11月17日からテスト販売する。洗顔料や化粧水、乳液、トラベルセットなど8アイテムを取り扱う。

 「ナチュラルローソン」は、関東エリアのローソンと比較して、化粧品カテゴリーの単価が約1.5倍と高く、美容感度の高い顧客が多く利用していること、価格より高品質の商品を求め自己投資する顧客が多い傾向があるため展開を決定したという。今後は「ナチュラルローソン」でのテスト販売を経て、来年春に取扱店舗の拡大を目指しつつ、ほかのコンビニも視野に入れる。

 「バルクオム」がコンビニを販路にした背景には、5月から関東地区で放送したテレビCMによるブランドの認知拡大と、巣ごもり需要によるスキンケアを始める男性の増加による店頭での指名買いが増えたことがある。10月下旬からテレビCMの放送を再開し、プロモーションを強化。多くの人にとってより身近な場所であるコンビニをターゲットに、製品を購入できる環境づくりを行い、これまで以上に新規購入およびリピート購入につなげる。

 同ブランドは10月からドラッグストアのマツモトキヨシグループとココカラファイングループの1371店舗で販売を開始。今回のコンビニへの導入で、顧客の裾野を広げる考えだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら