ビューティ

韓国発メイクブランド「ヒンス」から初のアイブロウアイテム

 韓国発メイクアップブランド「ヒンス(HINCE)」は10月29日、ブランド初のアイブロウアイテムを発売した。立体眉を演出するアイブロウジェル“シグネチャーブロウシェイバー”(全6色、各2200円税込)と、眉を一本一本描くことができる“シグネチャーブロウペンシル”(全6色、各2400円税込)で、加えて既存アイシャドウやリップの新色もそろえ、公式オンラインストアで取り扱っている。

 アイブロウジェルは、ブラシ部分が一般的なアイブロウマスカラの半分以下の小さいサイズが特徴的。眉毛をしっかり固定しながらもナチュラルフィックスを実現する。重ね塗りするほどにボリューム感を与えるが、ブロウ専用ブラシチップでダマにならずに1本1本をコーティングする。カラーはクリアのほか、グレーブラウンやレッドブラウンなど、ブラウン系5色を展開する。

 アイブロウペンシルは、シャープな短刀型ブレードで初心者でも1本1本を繊細に描くことができる。クールグレーをはじめ、グレーブラウン、ダークブラウンなど6つのカラーバリエーションでナチュラルヘアからカラーリングヘアまでカバーする。

 ブランド一番人気のリップからは、“ムードインハンサーマット”(5色、各2350円税込)が、アイシャドウは“ニューデップスアイシャドウ”(3色、各2200円)が登場する。なお現在、発売を記念し新作を10%割引で販売し、限定のノベルティーも用意する。19日午後12時まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら