ニュース

渋谷109にデパコスや韓国コスメのセミセルフ店舗が登場

 東急百貨店は3月25日、渋谷109の1階に百貨店ブランドや韓国コスメを集積したセミセルフ業態「ドレステーブル バイ シンクス ビューティ パレット」をオープンした。同業態は渋谷ヒカリエの地下1階・1階にある「シンクス ビューティ」で培ったコスメと雑貨の組み合わせによるライフスタイル型MDを生かした業態で、2019年にオープンした町田店を始め、4店舗目になる。

 今回の店舗はSHIBUYA109エンタテイメントが運営する15〜24歳に特化した若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.」と協業し、若年層にアピールすべくショップの内装やブランドラインアップにこだわった。東急百貨店担当者は「アンケートの結果、内装は単にかわいいではなく、20歳前後の女性はシンプルで抜け感のある世界観を求めていることがわかった。20歳前後の女性の生の情報を共有いただけたことは大きく、店装デザインに大きく反映している」とタッグを組むメリットを語った。

 ブランドのラインアップも同機関がコスメが好きな女性を対象に行ったインタビューに基づき、「アディクション(ADDICTION)」「NARS」「トゥー フェイスド(TOO FACED)」「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」「RMK」を導入。4月下旬には「ディオール」をオープンする予定だ。そのほか、韓国ファッションサイトのディーホリックが手掛ける「クレマレ(CREE'MARE)」、メイクツールブランド「シュガー C ビューティ(SUGAR C BEAUTY)」などメイクアップブランドを中心に集積している。「韓国コスメの市場は拡大傾向にあり、いまだ日本で流通量の少ない商品も多くある。今回はディーホリックと協業し『CNP』『モレモ(MOREMO)』『VTコスメティクス(VT COSMETICS)』など人気のブランドを導入することができた」。

 また、レビュー動画共有アプリ「ビービー(VIIBEE)」と協業し、店内にはメイクのハウツーや取り扱い商品のレビューが見られるようにタブレットを配置。スタッフやお客が製品を実際に使った動画を同アプリにアップすることでお客参加型の情報発信をかなえた。「今後はまず店舗の売上拡大という面において、渋谷109のターゲット層に響くプロモーションやイベントの企画、SNSなどデジタルツールの連携などで協業をしていきたい」。

■場所名
オープン日:3月25日
時間:10:00〜21:00
場所:渋谷1091階
住所:東京都渋谷区道玄坂2-29-1