ニュース

「ローラ メルシエ」から新スキンケア ミニマルなケアで美肌に

 ローラ メルシエ ジャパンは5月13日、「ローラ メルシエ(LAURA MERCIER)」から、ミニマルなケアで肌効果が期待できるスキンケアシリーズ“スキン エッセンシャルズ”(全10種、2700~7500円)を全国の百貨店やセミセルフショップなどで発売する。

 同ブランドは近年、ファンデーションやリップ、チーク、下地などを順次刷新してきた。「『ローラ メルシエ』はトレンドのアイテムよりもベーシックなラインアップを重視するブランドであり、その核となる商品を順にリニューアル。ブランドの底上げを図っている過程で今回のスキンケアを手掛けた」(ブランドPR担当)という。

 同シリーズは「美しいメイクは美しいスキンケアからというローラ・メルシエ氏の信念のもと、肌にもメイクにもハイパフォーマンスなスキンケアを開発した」。ブランドの知見を集約し、撮影前のメイクアップアーティストが行うプロのスキンケアステップのポイントを取り入れることで、肌を美しく整えてベースメイクの完成度を高めるのが特徴だ。洗い過ぎず、与え過ぎない“フレンチスタイルビューティ”発想がポイントとなり、肌が自ら美しくなる力を呼び覚ましていく。

 ラインアップはクレンジングや洗顔料、オイル、乳液など全10種。メインアイテムは洗顔料の「ピュリファイング ミセラ ウォーター」で、「ミニマルなステップで肌を美しく整える、フレンチスタイルビューティのアイコン的な製品」だという。製品には、瞬時に肌となじみ水分補給をサポートするフランス海底地下水や、乾燥や肌荒れをサポートするローズウオーター、保湿効果の高いスターフラワーオイルなどフランス原産の天然由来成分をバランスよく配合する。

 スキンケアは、必要な潤いは残しながら余分な角質や残留したメイクを取り除くリセット(クレンジングや洗顔料)、肌と心の緊張をほぐし美容成分を浸透させて巡りのよい環境をつくるインタラクト(オイル)、肌にハリ感を与えるアウェイクン(乳液)の3ステップを提唱する。メイクアップに直結するスキンケアで土台作りをしながら、肌が自ら輝く“自立肌”をかなえていく。