ファッション

「ユニクロ」とジル・サンダーのコラボライン「+J」が復活 ダウン、セットアップなど計61アイテム

 「ユニクロ(UNIQLO)」はデザイナー、ジル・サンダー(Jil Sander)とのコラボライン「+J」の2020-21年秋冬コレクションを11月13日に発売する。48店舗と公式オンラインストアで取り扱うほか、一部の商品は国内全店舗で発売する。

 ウィメンズはカシミアをブレンドしたチェスターコート、ニットワンピース、ウールパンツなど32アイテム。メンズはリブブルゾン、オーバーサイズのシャツなど25アイテムを発表。ダウンコートはメンズ・ウィメンズ共に発売するほか、グッズも4アイテム用意する。

 価格帯はアウターが7990~2万4900円、パンツが3990~9900円、スカートが6990円、シャツが3990~8990円、カットソーが1990~4990円、ニットが3990~1万2900円、ドレスが4990~5990円、アクセサリーが2990~9900円だ。

 立体的なシルエット、ボリューム感と機能的素材にこだわったコレクションだという。ジル・サンダーは「長く着る、永続的なものであるべきという考えのもと、現代のグローバル ユニフォームとなり得るコレクションを創った」とコメントした。

 「+J」は2009年にデビューし、5シーズンを発売したが2011年に終了を発表した。なお、同コラボはジル・サンダー個人との協業であり、自身の名を冠したブランド「ジル サンダー(JIL SANDER)」は無関係だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら