ファッション

「ユニクロ」とジル・サンダーのコラボライン「+J」が復活 ダウン、セットアップなど計61アイテム

 「ユニクロ(UNIQLO)」はデザイナー、ジル・サンダー(Jil Sander)とのコラボライン「+J」の2020-21年秋冬コレクションを11月13日に発売する。48店舗と公式オンラインストアで取り扱うほか、一部の商品は国内全店舗で発売する。

 ウィメンズはカシミアをブレンドしたチェスターコート、ニットワンピース、ウールパンツなど32アイテム。メンズはリブブルゾン、オーバーサイズのシャツなど25アイテムを発表。ダウンコートはメンズ・ウィメンズ共に発売するほか、グッズも4アイテム用意する。

 価格帯はアウターが7990~2万4900円、パンツが3990~9900円、スカートが6990円、シャツが3990~8990円、カットソーが1990~4990円、ニットが3990~1万2900円、ドレスが4990~5990円、アクセサリーが2990~9900円だ。

 立体的なシルエット、ボリューム感と機能的素材にこだわったコレクションだという。ジル・サンダーは「長く着る、永続的なものであるべきという考えのもと、現代のグローバル ユニフォームとなり得るコレクションを創った」とコメントした。

 「+J」は2009年にデビューし、5シーズンを発売したが2011年に終了を発表した。なお、同コラボはジル・サンダー個人との協業であり、自身の名を冠したブランド「ジル サンダー(JIL SANDER)」は無関係だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら