ファッション

「アグ」とバッグが話題の「テルファー」がコラボ 21年にコレクションを発表

 カルフォルニア発のライフスタイルブランド「アグ(UGG)」と米アパレルブランド「テルファー(TELFAR)」がコラボコレクションを2021年に発表する。同コラボは「アグ」の、30組を超える世界中のアーティストやアクティビストを取り上げる“フィール ユー(FEEL YOU)”と題したシリーズの第1弾だ。またコラボに合わせて、「テルファー」のデザイナーであるテルファー・クレメンス(Telfar Clemens)が「アグ」のさまざまな製品にコメントを加えながら着用する様子の動画を公開した。

 クレメンスは10年に「アグ」のブーツを2つのショーで使用したこともあり、同ブランドについて「最高にセクシー。ソフトな中に荒々しさも感じる」とコメント。今回のコラボについては「ファッションコラボレーションの多くはすでに人気のあるものを高めようとするけれど、そのような上下関係を持った考えには興味がない。私がやりたいことは、『アグ』のDNAを理解し、私たちが共通して持っている“遺伝子”を探ること」と述べた。また「テルファー」はジェンダーレスなブランドとしても知られており、同コラボでもその精神を反映し、「すべてのものをすべての人に。ジェンダーを限定するアイテムは手掛けない」という。

 「テルファー」は2004年にスタート。14年に発表された“ザ・ショッピング・バッグ(THE SHOPPING BAG)”はブルックリンの注目エリア、ブッシュウィックにいるような感度の高い若者が持ち歩いていることから、海外メディアでは“ブッシュウィック・バーキン(Bushwick Birkin)”とも呼ばれる人気商品となった。17年には「CFDA/ヴォーグ ファッション基金アワード(CFDA/Vogue Fashion Fund Award)」を受賞している。さらに9月15日に開催された20年「CFDAアワード(CFDA Awards)」では、アクセサリー・デザイナー部門を受賞した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら