ファッション

目玉はラフ・シモンズが加わった「プラダ」 リアルとデジタルをミックスして9月のミラノコレ開催へ

 イタリア・ファッション協会(Camera Nazionale della Moda Italiana 以下、CNMI)は8月12日、2021年春夏ミラノ・ファッション・ウイークの暫定スケジュールを発表した。期間は9月22〜28日で、今回はリアルなイベントとデジタルショーケースを織り交ぜて開催する。

 暫定スケジュールに載っている約50ブランドの中で、物理的なファッションショーを計画しているのは27ブランド。すでに9月23日の開催を表明していた「フェンディ(FENDI)」や、ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とラフ・シモンズ(Raf Simons)が共同で手掛けた初のコレクションを披露する「プラダ(PRADA)」をはじめ、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ヴェルサーチェ(VERSACE)」「マルニ(MARNI)」「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA)」「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」「マックスマーラ(MAX MARA)」「エトロ(ETRO)」「MSGM」「ヌメロヴェントゥーノ(N21)」などが名を連ねる。一方、「ディースクエアード(DSQUARED2)」や「ミッソーニ(MISSONI)」「GCDS」「アンテプリマ(ANTEPRIMA)」「アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)」はデジタル形式でコレクションを発表予定だ。カルロ・カパサ(Carlo Capasa)CNMI会長は、「9月のミラノ・ファッション・ウイークは“フィジタル”(フィジカルとデジタルを合わせた造語)なショーケースになるだろう。参加するブランドやデザイナーがそれぞれのストーリーに合わせて最適な形式で発表できることを目指している」と話す。

 また、初日の22日にはイタリアの百貨店リナシェンテ(LA RINASCENTE)とCNMIのコラボレーションによるパーティーが、27日には地元のファッションスクールの卒業生によるコレクションを披露するショーが予定されている。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。20年2月からWWDジャパン欧州通信員

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら