ビューティ

「SHISEIDO」が世界初採用の素材を用いたリップパレットを数量限定発売

資生堂はカネカと共同開発を行い、カネカ生分解性ポリマーPHBH(以下、PHBH)を世界で初めて化粧品容器に採用した。同素材を採用したリップカラーパレット「アクアジェル リップパレット」を、11月1日からブランド旗艦店「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」で数量限定発売する。 

今回発売するリップカラーパレットは、カネカが持つ独自の素材開発技術と、資生堂の化粧品容器開発のノウハウを融合したもの。PHBHはカネカが独自開発した100%植物由来のポリマーで、海中や土中など幅広い環境下で優れた生分解性が期待される素材。

 「アクアジェル リップパレット」は“A Kiss to the sea”をコンセプトに、キスしたくなるような美しい未来の海を守るためのリップカラーパレット。透明感のある発色と軽い使い心地の5色セットのリップカラーで、ポケットサイズで持ち運びしやすい。同製品の発売を皮切りに、「SHISEIDO」では環境への配慮を追求した容器の開発などを進め、環境負荷の最小化を目指していく。

 資生堂は、本業を通じた「美のイノベーション」により、持続可能な世界の実現に取り組んでいる。その取り組みの一つとして、独自の技術や社外とのコラボレーションを通じて環境に配慮した商品開発などを行い、環境負荷の最小化を目指している。カネカとは2019年4月から共同開発を進めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら