ファッション

「ナゴンスタンス」が新たにサステナブルな取り組み 商品をリデザインし再度販売

 バロックジャパンリミテッドの「ナゴンスタンス(NAGONSTANS)」は、新型コロナウイルスの影響による休業で店舗での販売期間が短かった商品など約100着のアイテムをリデザインし、再度発売した。対象は2020年プレ・スプリングと同春夏のコレクションからトップスやボトムスなど。

 唯一無二のリプロデュースを表す“One-of-a-kind Reproduced Collection”と名付けた今回のコレクションは、客の目にほぼ触れることのなかった商品を無駄にしないよう、デザインを加えて新しく生まれ変わらせることで、あらためて客のもとに商品を届けたいという植田みずきクリエイティブ・ディレクターの思いが込められている。

 今回の商品はデザインチームが一点一点を手染めし、全てが異なるデザインに仕上げた。ブルーやオレンジ、グリーンなどのパステルカラーを使い、淡い雰囲気が出るよう試行錯誤したという。販売は7月22日から直営店で、8月12日12時から公式ウェブサイトでスタートする。価格はTシャツが1万5400円、スリット入りロングTシャツが1万9800円、デザインTシャツが2万6400円など。

 ブランドとして初めてとなるサステナブルな活動は今後も継続し、自然由来や廃棄予定のものから抽出される環境に負担をかけない染料を使うなど、環境に配慮するためのさまざまな挑戦を行うという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら