ファッション

「ヴァレンティノ」 × 「オニツカタイガー」のコラボスニーカー発売 日本限定色の売り上げはNPO法人に寄付

 「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」と「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、1月のパリ・メンズ・コレクションで披露したコラボレーションスニーカーを7月17日に発売する。価格は5万8000円。「オニツカタイガー」のアイコンモデル“メキシコ 66 SD”をベースに、ストライプの上に「ヴァレンティノ」のロゴをひとつひとつ手作業でプリントしている。

 カラーによって取り扱い店舗は異なり、ホワイト、オレンジ、イエロー、ピンクは「ヴァレンティノ」の銀座、表参道、阪急うめだ、阪急メンズ大阪、松坂屋名古屋、福岡岩田屋と公式オンラインストアで、「オニツカタイガー」のアイコンカラーであるトリコロールは、同ブランドの表参道、銀座、難波と公式オンラインストアで取り扱う。

 また日本限定カラーとしてホワイト×クラシックレッドも登場。「ヴァレンティノ」の取り扱い店舗と、「オニツカタイガー」の表参道、公式オンラインストアで販売し、同カラーの売り上げは新型コロナウイルスの対策、支援を行うNPO法人キッズドアに寄付される。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら