ニュース

「イトリン」から体の4部位に着目した新ライン登場

 ACROは9月2日、プレミアムオーガニックスキンケアライン「イトリン(ITRIM)」から4つの部位に着目し根本的なハリ・弾力ケアを行う「クレセント」ラインを全国11店舗の百貨店や公式ECサイトなどで発売する。
 
 同社は大人の女性の見た目印象を良くするには顔だけでなく全身のケアが必要として、顔と体の各上部・下部と4つの部位にアプローチするラインを開発した。「大人の顔や体に表れるシワは戻る力がないため刻まれていく」(ブランド担当者)ことから、肌の土台を支えるタンパク質の酸化を抑制し、不要なタンパク質を分解・再利用し、肌の活性を促進する独自成分を配合した。
 
 共通成分としてポリフェノールを多く含むジュンサイ葉エキスと、不要なタンパク質を分解し再活性化するグリーンコンプレックス、肌を柔らかくほぐし滑らかに整えるテリハボク種子油を配合する。そのほか、顔の上(目もと回り)は皮膚のヒアルロン酸産生を高める効果が期待できるポピーエキス、顔の下(あご先を含むフェイスコントゥア)は肌の弾力とハリを与えて生き生きとした見た目をかなえるアニゴザントスフラビデュスエキスを加えた。体の上部(バスト回り)は肌を引き締め、柔らかく保ち透明感ある均一な肌に導くイランイランノキ花エキス、体の下部(ひざ回り)は抗酸化効果のあるバチルス発酵物を配し、各部位のハリ・弾力不足に対応する成分を組み合わせて全身の見た目印象を向上させる。
 
 さらに、より効果を発揮させるために各部位に合わせた独自のトリートメントメソッドも提案する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら