ニュース

「オールモストブラック」が「アンブロ」とコラボ ラフ・シモンズの盟友のアートを融合したアパレル

 中嶋竣太デザイナーの「オールモストブラック(ALMOSTBLACK)」は、英国発のフットボールブランド「アンブロ(UMBRO)」とコラボレーションしたアパレルを7月15日に阪急メンズ大阪と阪急メンズ東京で先行発売し、以降はユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)、エリミネイター(ELIMINATOR)、ファン(FUN)で順次販売する。

 アイテムはポロシャツ(9800円)とレフリーシャツ(1万4000円)、ピステトップ(1万9000円)、パンツ(1万9000円)のスポーティーな4型。全てにベルギー出身のアーティスト、ピーター・デ・ポッター(Peter de Potter)のアートワークがプリントされている。同氏の作品の再現性を高めると同時に、経年変化による色移りを防ぐためにオフセット転写プリントを採用している。

 ピーター・デ・ポッターは、アートやパンク、ユースカルチャーのアイデンティティーを縦横無尽に取り込んだメッセージ性の強い作風が特徴で、旧知のラフ・シモンズ(Raf Simons)のブランドのビジュアルやグラフィックデザインを2001年から10年間にわたって手掛けてきた。中嶋デザイナーがラフの下で働いていた頃に両者は親交を深め、20-21年秋冬コレクションでは「オールモストブラック」のインラインでもコラボレーションを行っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら