ファッション

アパ産の新理事長にワールドの上山会長が就任 北畑レナウン元社長の後任

 日本アパレル・ファッション産業協会(以下、アパ産)は6月25日に定時総会を開き、上山健二ワールド会長が新理事長に就任した。「当協会は1979年に団体として発足したが、当時と比べアパレルビジネスの事業環境は大きく変化している。今年は特に、新型コロナウイルスの影響で本当にしんどい思いをした。苦境ともいうべき時期だからこそ、団体として役割がある」と上山理事長。団体として「一企業では手が届かないことに注力する」という。

 2018年に理事長に就いた前任の北畑稔レナウン元社長は任期を1年残して退任。理事としては新たに大江伸治三陽商会社長兼社長執行役員と畑誠リンク・セオリー・ジャパン社長最高経営責任者が加わった。

 第39期(2021年3月期)の基本活動方針の1つとしては、昨年スタートしたという縫製工場の視察などを例にあげながらCSR関連の取り組みを紹介。7月15日には環境配慮型の資材を集めた合同展を行う予定。また、新型コロナ禍を受け、「今年は(会員企業から)年会費はいただかない」という。

 アパ産はアパレルメーカーを中心に、小売企業やアパレル資材・機械メーカー、商社など計317団体が加盟(正会員が172団体、賛助会員が145団体)する業界団体。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら