ファッション

高島屋がオリジナルマスクを発売 ムレや暑さを軽減した夏仕様

 高島屋は6月10日に、和紙の特徴や効果を活かした“夏仕様のマスク”を公式オンラインストアで発売した。マスク着用時のムレや暑さを軽減したほか、一日着用時に匂いがこもることから消臭性にも気を配った。サイズは、普通(1枚、1500円)、小さめ(1枚、1500円)、子ども用(1枚、1300円)の3サイズ展開となる。また高島屋店頭では3日から発売しており、日本橋店や新宿店、横浜店、大阪店などで販売している。

 マスクは、デリケートな肌にも優しい素材を使用し、フィット感とスッキリ感を追求したオリジナルのパターンをもとに製作。ノーズワイヤーで、より高いフィット性を実現したほか、夏の快適性を重視した2重構造に仕上げた(表面:和紙57%、綿43%の天竺、裏面:和紙100%モスリン)。またストレスフリーのゴム紐を採用した。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら