ファッション

高島屋がオリジナルマスクを発売 ムレや暑さを軽減した夏仕様

 高島屋は6月10日に、和紙の特徴や効果を活かした“夏仕様のマスク”を公式オンラインストアで発売した。マスク着用時のムレや暑さを軽減したほか、一日着用時に匂いがこもることから消臭性にも気を配った。サイズは、普通(1枚、1500円)、小さめ(1枚、1500円)、子ども用(1枚、1300円)の3サイズ展開となる。また高島屋店頭では3日から発売しており、日本橋店や新宿店、横浜店、大阪店などで販売している。

 マスクは、デリケートな肌にも優しい素材を使用し、フィット感とスッキリ感を追求したオリジナルのパターンをもとに製作。ノーズワイヤーで、より高いフィット性を実現したほか、夏の快適性を重視した2重構造に仕上げた(表面:和紙57%、綿43%の天竺、裏面:和紙100%モスリン)。またストレスフリーのゴム紐を採用した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら