ファッション

「ユニクロ」銀座新店の目玉は「セオリー」とのグループ内コラボ シックなデザインのワンピース充実

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、銀座の新グローバル旗艦店「ユニクロ トウキョウ」の6月19日の開業に合わせて、同じファーストリテイリング傘下の「セオリー(THEORY)」とのコラボレーション商品「ユニクロ×セオリー」を販売する。世界的な建築ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロン(Herzog & de Meuron)が内装を手掛ける同店が目指すのは、「高品質・高機能な商品をゆったり見せる、エレガントな店」(同店の総合・エグゼクティブ・ディレクターを務める佐藤可士和)。「セオリー」とのグループ内コラボで、都会的で洗練されたイメージを打ち出す。

 同コラボのウィメンズでは、ワンピースを打ち出す。光沢感のあるマーセライズコットンのサックワンピース(2990円)や、ボウタイやフロントスリットをポイントにしたワンピース(各4990円)など、3素材で4型を企画。シックで大人っぽいデザインがユニクロ価格でそろう。メンズは機能性素材“エアリズム”を使ったポロシャツ(1990円)や、「ユニクロ」の看板商品の一つである「感動パンツ」をベースにした「感動イージーパンツ」(3990円、ショーツは2990円)など。

 同コラボ商品の「ユニクロ トウキョウ」以外での取り扱いは、ウィメンズは自社EC、メンズはECと全国の「ユニクロ」店舗。

 ユニクロは今春、ファミリー層を主対象にした公園一体型の「ユニクロ パーク横浜ベイサイド店」、若者を主対象にカルチャー発信を強めた「ユニクロ原宿店」をオープンしている。それら2店と「ユニクロ トウキョウ」は“戦略3店舗”という位置づけ。国内に約820店を抱え、「国内の成長は頭打ち」とも言われることがある中で、各店舗ごとの個性を際立たせ、改めて「LifeWearやMADE FOR ALL(あらゆる人のための服)というブランドのビジョンを具現化し、伝えていく」(赤井田真希ユニクロ日本CEO)役割をこの3店舗が担う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら