ファッション

連載「今、デザイナーができること」Vol.27 志鎌英明「これまで以上に強い信念を持つ。私たちは止まらない」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中で不透明な状況が続いている。そんなときに、ファッションは何ができるのか。生産者から販売員まで業界全体が不安を抱えている状況に、ファッションデザイナーたちは何を思うのか。日々変化する状況に対応しながら、それでもファッションの力を信じ続けるデザイナーたちの声を連載で紹介する。今回は、メンズブランド「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス(CHILDREN OF THE DISCORDANCE)」を手掛ける志鎌英明デザイナーが今後のクリエイション活動について熱っぽく語る。

CHILDREN OF THE DISCORDANCE
志鎌英明

Q.今、デザイナーができることは?

A.コロナが猛威をふるい、世界中の取引相手から悲痛なメッセージが届く。事態は深刻だ。それでも私たちは止まらない。これまで以上に強い信念を持ち、勇気を与える服を作り続ける。

ファッションは人の心を華やかにする。人生を変えるほどの勇気や力を与えることもある。私がそうだった。ファッションと出会い、音楽やカルチャーに触れ、友人や仲間ができた。そしていつしかファッションを仕事とするようになった。これからも服に向き合い続けることが、業界への恩返しになると信じている。

今まさに次のコレクション作成を進めている最中だ。コロナが落ち着いたら、たくさんの人の前でランウエイをぶちかましたい。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら