ファッション

米百貨店は生き残れるのか?長期店舗休業がトドメを刺す

有料会員限定記事

 アメリカの百貨店は、運営する実店舗の見直しを迫られている。新型コロナウイルスの影響を受けている各社は通常は年1回行うものだった賃貸物件の再検討を急務とし、ビジネス全体における実店舗とデジタルのバランスを再考している。また、米国内では感染を恐れる人々のショッピングモール離れやオンラインショッピングへのさらなる移行、大都市から人口密度の低い郊外への引っ越し、倒産によるモールの空き店舗の増加も予測される。そんな中、ニーマン・マーカス グループは破産法の適用を申請。J.C.ペニーやロード&テイラーも経営破綻秒読みと言われ、多くの百貨店が店舗縮小を発表している(5月13日時点)。百貨店はこの先、生き残れるのか?(本文中の円換算レート:1ドル=106円、1カナダドル=76円。この記事はWWDジャパン2020年5月18日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2673⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。