フォーカス

米百貨店は生き残れるのか?長期店舗休業がトドメを刺す

有料会員限定記事

 アメリカの百貨店は、運営する実店舗の見直しを迫られている。新型コロナウイルスの影響を受けている各社は通常は年1回行うものだった賃貸物件の再検討を急務とし、ビジネス全体における実店舗とデジタルのバランスを再考している。また、米国内では感染を恐れる人々のショッピングモール離れやオンラインショッピングへのさらなる移行、大都市から人口密度の低い郊外への引っ越し、倒産によるモールの空き店舗の増加も予測される。そんな中、ニーマン・マーカス グループは破産法の適用を申請。J.C.ペニーやロード&テイラーも経営破綻秒読みと言われ、多くの百貨店が店舗縮小を発表している(5月13日時点)。百貨店はこの先、生き残れるのか?(本文中の円換算レート:1ドル=106円、1カナダドル=76円。この記事はWWDジャパン2020年5月18日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り2673⽂字, 画像6枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む