フォーカス

コロナ禍で広がるビューティ企業の支援・寄付への取り組み 海外ビューティ通信シンガポール編

 世界に目を向けると日本とは異なる美容トレンドが生まれている。そこで、連載「海外ビューティ通信」では、パリやニューヨーク、ソウル、シンガポールなど、7都市に住む美容通に最新ビューティ事情をリポートしてもらう。

 世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルス。4月7日から6月1日までサーキットブレーカー(ソフトロックダウン)中のシンガポールでは、スーパーマーケット、薬局など生活に必須な業種を除き小売店の営業が禁止されている。コスメショップ、エステ・ネイルサロン、百貨店は約2カ月閉店を余儀なくされており、当地のビューティ業界にとって大きな打撃となっている。(本文中の円換算レート:1シンガポールドル=75円。この記事はWWDビューティ2020年5月14日号からの抜粋です)

 コロナ禍の今、ロレアルやクラランス、ロクシタン、LVMH、資生堂、コーセーなどグローバルビューティ企業の多くが対策に乗り出す中、当地のローカルビューティ企業もCSR活動(企業の社会的責任)に積極的に取り組んでいる。

 国内では唯一シンガポール科学技術研究庁と共同開設したラボで研究を行う総合美容メーカーのEstetica(エステティカ)は、3月から生産ラインの一部をハンドサニタイザーの製造に切り替え、2000本以上を生産。現在、オンラインでの購入者に50mL容器入りのハンドサニタイザーを配布している。同社は1980年に創業し、ベストセラーのアイマッサージャー「インテリジェント アイ リバイタライザー」や「アイ リペアカプセル」などアイケアを中心としたスキンケア製品を展開している。当地のエステサロン市場ではトップシェアの地元有力企業であり、CSRに対する意識は高く先陣を切って取り組んでいる。

 またヘアケアブランド「Verdure Hair(ヴァージャ・ヘア)」は、4月のオンラインショップの売り上げの5%を、共同募金の「The Courage Fund(カレッジ・ファンド)」に寄付した。このファンドにはDBS銀行やシンガポールテレコムなど地元有力企業のほか多くの個人も寄付を行っている。4月末時点で募金額は約1150万シンガポールドル(約8億6000万円)に上り、医療従事者やボランティア、感染者の家族への支援金として活用されている。ヴァージャ・ヘアの主力製品「ヘア・フォール・コントロールシャンプー」は、ヒアルロン酸やビタミンB3、イチョウ葉エキス、ショウガの根、ラベンダーやオレンジピールオイルなど天然有効成分を豊富に配合した無香料シャンプーで、シリコン・パラベン・サルフェートフリーの優しさが抜け毛や薄毛に悩む中高年層から支持を集めている。昨年は「ハーパーズ バザー ヘア アワード」をはじめ3つのアワードを受賞するなど、注目度が高まっている企業だ。

 そのほか、スーパーフードスキンケアの「Sigi Skin(シギ・スキン)」は、3月からオンラインショップでの購入者にサージカルマスク2枚を無料で配布する取り組みを行っており、4月末時点で800枚以上を配布した。

 このようなビューティ企業の取り組みは報道やソーシャルメディアで紹介され、注目を集めている。生産ラインを生かしたり、寄付を行ったりと方法は多様だが「すぐにできること、役立つことは何か」を考えCSRを果たそうという思いは各企業で同じだ。外出制限中の消費者も、前代未聞の難局に各企業が行った対応を注視しているはずである。新たなファン獲得にもつながり得るのではないか。

新型コロナウイルスの最新記事はこちらから


 「WWD JAPAN.com」はファッション&ビューティ業界を応援すべく、週刊紙の「WWDジャパン」と「WWDビューティ」に掲載した新型コロナウイルス関連ニュースを無料開放します。記事やコラムから未曾有のピンチを克服するヒントや勇気を感じ取ってくだされば幸いです。

 なお、他のニュースはこれまで通り、有料会員限定記事とさせていただきます。購読は、こちらからお申し込みください。


田嶋麻里江 : ライター。幼少期を過ごしたシンガポールに移住して14年目。ラジオDJ、バイオリン奏者を経て、当地の情報をジャンル問わず発信中。著書に「世界一の学力がつくシンガポール式算数ドリル」(平凡社)他。在外ジャーナリスト協会会員