ビジネス

ヴァレンティノ新CEOはグッチから 「ファッションにおける初恋を象徴する」メゾンへの3度目の復帰

 ヴァレンティノ(VALENTINO)の新たな最高経営責任者(CEO)に、6月1日付でヤコポ・ヴェントゥリーニ(Jacopo Venturini)=グッチ(GUCCI)前マーチャンダイジング&グローバルマーケット担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントが就任する。2006年から15年にわたりメゾンを率いてきたステファノ・サッシ(Stefano Sassi)CEOの後任だ。

 イタリア出身のヴェントゥリーニ新CEOは、1995年に百貨店リナシェンテ(RINASCENTE)のバイヤーとしてキャリアをスタート。99年まで経験を積んだ後、2000年から04年までヴァレンティノでウィメンズウエアとメンズウエアのブランドマネジャーを務める。その後、05年にプラダ(PRADA)に入社。ウィメンズウエア・コレクションのマーチャンダイジング・コーディネーターを務めた後、08年にヴァレンティノに戻り、レディ・トゥ・ウエア・コレクション・ディレクター兼リテール・イメージ・ディレクターに就任。15年にグッチに移り、マルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)社長兼CEOとアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターによる新体制を支えたたが、19年10月に退任。その後、ヴァレンティノのCEO就任がウワサされていた。

 ヴェントゥリーニ新CEOは、「ファッションにおける私の初恋を象徴するヴァレンティノへの3度目の復帰をとてもうれしく思う。ヴァレンティノは私にとって伝統と未来であり、ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)(=クリエイティブ・ディレクター)とタッグを組んで働くことを楽しみにしている」とコメント。一方、同メゾンを去るサッシCEOは「15年間にわたってヴァレンティノで働いたことは、個人的にも仕事としても信じられないような経験だった。取締役会と株主との全面的な合意の下、私が下したこの決断はブランドの野心的な成長を目指したもの。緊急事態が一度収まった後のヴァレンティノの将来については楽観視している。仲間の健闘を祈る」と話す。

 同メゾンでは、今年に入ってから経営陣の入れ替わりが続いている。1月にはセバスチャン・スール(Sebastian Suhl)=グローバルマーケット担当マネジングディレクターが退任。3月にはプラダやグッチ出身のアレッシオ・ヴァネッティ(Alessio Vannetti)=チーフ・ブランド・オフィサーが、4月にはフェンディ(FENDI)やトッズ(TOD'S)で要職を務めたマルコ・ジャコメッティ(Marco Giacometti)=チーフ・コマーシャル・オフィサーが加わった。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。20年2月からWWDジャパン欧州通信員

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら