ビューティ

イガリシノブが手掛ける新ブランド「ベイビーミー」が誕生 価格帯を抑えて幅広い層に提案

 イガリシノブ=ヘア&メイクアップアーティストが新コスメブランド「ベイビーミー(BABYMEE)」を立ち上げる。7月26日に全国のバラエティーショップや一部ドラッグストアで発売し、公式ウェブサイトでは6月末に先行発売を予定している。価格は850~1280円。

 同ブランドはイガリシノブ氏が手掛ける「フーミー(WHOMEE)」と同じくクルー(CLUE)が販売する。同氏がクリエイティブディレクターを務め、製品はマスカラ、カラーライナー、単色アイシャドウをラインアップし、普段のメイクに変化を与えるニュアンスカラーをそろえる。メイク初心者でも挑戦しやすいアイテムをそろえる「フーミー」に対し、「ベイビーミー」はメイクを自由に楽しむことを提案。「『フーミー』(中心価格帯は1000〜2800円)はチャネル限定でバラエティーショップなど全国500店舗程度の展開だが、発売当初より全国のドラックストアで購入できるようにしてほしいとの声が多く、『ベイビーミー』はドラックストアでの展開を想定したアイテムや価格に設定した」とブランド担当者は述べる。

 「ニュアンスカラーマスカラ」(全3色、各1280円)は定番の黒はラインアップせず、抜け感のあるオレンジブラウンや赤みを加えたボルドーブラウン、印象的なモスブラウンなどこだわりのカラーで展開。ペンシルタイプのカラーライナー「ニュアンスカラーライナー」(全5色、各980円)は、ぼかせばアイシャドウとしても使用でき、10種の保湿成分配合で艶やかな目元を演出する。「ニュアンスカラー シャドウ」(全5色、各880円)は質感や発色にこだわった。

 イガリシノブは艶や血色感を生かした“イガリメイク”で人気を集め、2018年に初のコスメブランド「フーミー」を発表。スキンケアやトレンド感のあるカラーアイテムまで幅広いメイクアップアイテムをそろえ、若年層を中心に人気を集めている。ユーチューブチャンネルの登録者数は7万人を超えるなど、活動の場を広げている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら